映画『少女』公式サイト

Introduction

Story

Cast

92年生まれ。東京都出身。中学時代にモデルとしてデビュー。ドラマ「GTO」(12)、「とんび」(13)などで注目を集め、15年には「恋仲」で初の“月9ヒロイン”に抜擢された。主な出演作は、映画『江ノ島プリズム』(13/吉田康弘監督)、『すべては君に逢えたから』(13/本木克英監督)、テレビドラマ「ショムニ2013」(13)、「安堂ロイド~A.I knows LOVE?~」(13)など。主演をつとめた『アオハライド』(14/三木孝浩監督)では学生時代の切ない恋を、第28回東京国際映画祭のクロージング作品としても話題を集めた『起終点駅 ターミナル』ではこれまでとは異なる大人の女性を演じ、女優として益々注目を集めている。待機作に『鋼の錬金術師』(17/曽利文彦監督)がある。

91年生まれ。福岡県出身。09年から雑誌「CanCam」専属モデルとして活動。11年にドラマ「幸せになろうよ」で女優としての活動をスタートさせ、翌12年には映画『桐島、部活やめるってよ』(吉田大八監督)でスクリーンデビューを飾り、注目を集める。主な主演・出演映画は『黒執事』(14/大谷健太郎・さとうけいいち監督)、『女子ーズ』(14/福田雄一監督)、『近キョリ恋愛』(14/熊澤尚人監督)、『小野寺の弟、小野寺の姉』(14/西田征史監督)、『東京PRウーマン』(15/鈴木浩介監督)など。16年は本作のほかに、主演作『貞子vs伽椰子』が公開。待機作には主演作『ピーチガール』(17/神徳幸治監督)がある。他にもテレビドラマ、CMなど幅広く活躍し、各所から注目を集めている。

96年生まれ。ロサンゼルス出身。14年より日本での芸能活動をスタート。WOWOW ドラマW「夢を与える」(15/犬童一心監督)、NOTTV「サクラ咲く」(16/池田千尋監督)、フジテレビ「明日もきっと君に恋をする。」(16/関和亮監督)など話題作に次々と出演。映画では『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』(15/柴﨑貴行監督) に出演し、『ちはやふる』(16/小泉徳宏監督)ではヒロインの幼なじみの綿谷新役を演じ、初の舞台「花より男子」(16)では西門総二郎を演じるなど、ブレイク必至の若手俳優として注目を集めている。16年は本作のほかに『にがくてあまい』(草野翔吾監督)が公開予定。

92年生まれ。東京都出身。12年に蜷川幸雄演出の舞台「日の浦姫物語」の娘役で女優デビューを果たす。14年に映画『MOOSIC LAB 2014 ~おばけ~』(坂本悠花里監督)で初主演。その後も『リュウグウノツカイ〜17歳の妊娠サークル〜』(14/ウエダアツシ監督)、『イニシエーション・ラブ』(15/堤幸彦監督)などに出演するほか、『色あせてカラフル』(15/横山久美子監督)では主演をつとめた。また、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙』に出演するなど国内外問わず活躍中。これからの日本映画界を担う期待の女優のひとり。

72年生まれ。東京都出身。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のボケ担当。お笑いのステージをはじめ数多くのバラエティ番組に出演するだけでなく、俳優としてもテレビや映画に出演。主な出演作に、テレビドラマ「フリーター、家を買う。」(10)、「救命病棟24時 第5シリーズ」(13)、「ルーズヴェルト・ゲーム」(14)、映画『クヒオ大佐』(09/吉田大八監督)、『恋の罪』(11/園子温監督)、『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』(14/佐藤信介監督)、『HERO』(15/鈴木雅之監督)などがある。

73年生まれ。東京都出身。アイドルグループ「SMAP」のメンバ−として91年に「Can't Stop!! -LOVING-」でCDデビュー。俳優としては89年、NHKの連続テレビ小説「青春家族」で主人公の弟・阿川大地役でドラマデビュー、翌年には『さらば愛しのやくざ』で映画デビューを果たした。93年に『プライベート・レッスン』(和泉聖治監督)で映画初主演を飾り、その後も『スーパースキャンダル』(96/岡村俊一監督)、『催眠』(99/落合正幸監督)、『桜、ふたたびの加奈子』(13/栗村実監督)で主演を務める。ほか主な出演映画に『シュート!』(94/大森一樹監督)、『笑の大学』(04/星護監督)、『十三人の刺客』(10/三池崇史監督)、『おしん』(13/冨樫森監督)などがある。

73年広島県生まれ。05年第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。07年第35回創作ラジオドラマ大賞を受賞。同年「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞。08年同作品を収録した『告白』(双葉社)でデビュー。同作は「2008年週刊文春ミステリーベスト10」第1位、09年第6回本屋大賞を受賞した。12年「望郷、星の海」で第65回日本推理作家協会賞短編部門を、16年『ユートピア』で第29回山本周五郎賞を受賞。主な著書に『贖罪』『夜行観覧車』『境遇』『母性』『リバース』『ポイズンドーター・ホーリーマザー』など多数。『告白』をはじめ多くの作品が映像化されている。映画化されているのは、『告白』(10/中島哲也監督)、『北のカナリアたち』(12/阪本順治監督)、『白ゆき姫殺人事件』(14年/中村義洋監督)。

大阪市出身。18歳からインディーズ映画を撮り始め、神戸女学院大学卒業後にNHKに入局。「NHKスペシャル」「トップランナー」など数多くのドキュメンタリーを企画・監督、キャリアを積む。03年に劇映画を撮るために独立。助監督をやりながらオリジナル脚本を書き続け、09年に 『刺青~匂ひ月のごとく~』で映画監督デビューを果たす。その後も『しあわせのパン』(12)、『ぶどうのなみだ』(14)と、オリジナル脚本・監督で作品を発表。『ぶどうのなみだ』は第38回モントリオール世界映画祭のワールド・グレイツ部門に招待され、世界的に高い評価を得た。15年には池辺葵の人気コミック『繕い裁つ人』を映画化。『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』『繕い裁つ人』は大切なことを守りながらひたむきに生きる人たちを美しい映像とともに描いた感動作にして代表作に。また、近年はWOWOWのダークミステリー『硝子の葦』(原作・桜木紫乃)、ダメな中年サラリーマンが主人公の短編『オヤジファイト』など次々と新境地を開拓。

Music

60〜70年代のロックとブルースを基調にしながらも、新しい時代を感じさせるサウンドを鳴らす、松尾レミ(Vo/Gt)&亀本寛貴(Gt)からなる男女二人組新世代ロックユニット。2014年に1st ミニアルバム『焦燥』でメジャーデビュー。松尾レミの日本人離れしたハスキーな歌声が、多くのクリエイターを夢中にさせ、既に9つものCMで歌唱を担当。今年5月配信リリースEP『話をしよう/時代のヒーロー』はiTunesロックアルバムランキングで堂々1位を獲得。今年も、METROPOLITAN ROCK FESTIVAL・SWEET LOVE SHOWER他数々の大型フェス出演が決定。今夏公開映画『ONE PIECE FILM GOLD』主題歌に、新人ながら異例の大抜擢。映画『少女』主題歌「闇に目を凝らせば」が収録された2ndアルバム『Next One』を7月20日にリリース!